読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界に出よう!

国内・海外旅行紀を投稿します。

初・雪山登山

ついに、雪山登山デビューを果たしました!

 

登山を始めて丸一年。

夏山だけでなく、冬山にも登ってみたいという夢を実現させました。

 

冬山は非常に危険なイメージがあるため、

雪山登山の経験がある知人に案内をお願いしました。

記念すべき初・雪山登山は山梨県北杜市にある標高2,230mの瑞牆山です。

 

今回のメンバーは自分を含めて5名。

お会いするのが初めての方も2名いらっしゃいましたが、

山好きに悪い人はいない!すぐに打ち解けて、楽しい山登りになりました。

 

八王子を出発して、約3時間。

10時ちょうどに瑞牆山登山道入口に到着しました。

真新しい雪山用装備に着替えますが、まだ11月下旬。

フル装備には暑すぎる陽気でした。

 

とりあえず雪山用シューズ、パンツだけ準備して、あとはすべてリュックの中。

上着もアンダーウェアで十分なほど良い天気。

 

ワクワクどきどきの雪山初挑戦も、初めはスキー場を歩いているような感覚で、

ガシガシ歩みを進めていきます。

男5人の登山はそれなりのペースで、コースタイムのおよそ2/3のペースで進みます。

 

あっという間に富士見平に到着。

夏はここでキャンプをする人が多いらしく、天気が良い日は最高だとか。

 

f:id:a-kamata86:20161212151427j:plain

ここで小休憩を取ります。

冬季も予約さえあれば、営業しているようです。

この日は残念ながら、営業していない様子だったため、

目の前のベンチで休んで、さっさと出発です。

f:id:a-kamata86:20161212153642j:plain

ここから鎖やロープを使った、岩登りのような箇所もいくつか出てきます。

岩登りといっても、ゆっくり行けば危険はまったくありません。

それほど雪が積もっている訳ではありませんでしたが、

せっかくの雪山なので、アイゼンを履いて登山をしてみました。

冬山用ブーツとはいえ、雪の上だとツルツル滑るので、アイゼンを履くと非常に歩きやすかったです。

f:id:a-kamata86:20161212154437j:plain

途中、長い氷柱が見られたり。

これが貴重な水分になるようです。

(雪を溶かして水を作るより、早く水分補給できるため)

 

前を経験者が歩いてくれるから全く問題なかったですけど、

足跡がないと、瑞牆山ですら、道に迷いそうでした。

それでも、体力的にはまったく問題なく、約3時間で登頂に成功!

f:id:a-kamata86:20161212154737j:plain

快晴だったので、山頂からの景色は最高でした!

富士山もはっきり見えます。

f:id:a-kamata86:20161212155002j:plain

山頂標識も記念にパシャり。

f:id:a-kamata86:20161212155111j:plain

天気も景色も最高なので、山頂でランチタイム。

経験者は全員、山専用ボトルを持っていて、これが凄い!

80℃を6時間以上保てるというから、山頂でラーメンを食べたり、コーヒーを飲んだりできます。

いちいち、バーナーでお湯を作る必要がないのが羨ましい。

この日で一番感動したアイテムです。

 

山登りは、登るのは必死。頂上に滞在する時間はあっという間です。

名残惜しくも、温泉と焼肉のためにさっさと下山。

 

f:id:a-kamata86:20161212155442j:plain

2日前に大雪が降ったためか、道中にはこんなフカフカの雪が残っています。

岩下りが多いためか、下山もそれほどスピードが上がりません。

夏山より足元が不安定なので、慎重に慎重に。

 

2時間かけて、ようやく駐車場に到着。

初めての雪山登山は無事に完了しました。

 

雪山の魅力にはまりそうなので、今シーズンは色々な山にチャレンジしたいと思います!