読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界に出よう!

国内・海外旅行紀を投稿します。

雪山装備 買い出し

今年は雪山デビューだー!!

と言っておきながら、完全にナメていました。。

雪山用の装備、とんでもなく高いです・・・。

夏山装備はシューズにだけお金をかけて、あとはウェアの上下1万円。

とにかくお金をかけずに登山してきましたが、雪山は命にかかわるので、そうは言っていられない様子。

 

ということで、登山グッズを見にいってきました。

みなとみらい周辺は、各メーカーのブランドショップがあって、とても便利です。

モンベル、ノースフェイス、パタゴニア、マムートなどなど、色々見てみますが、やっぱり高い!!

一式揃えると軽く20万、こだわりだすと50万はかかりそうです。。

やっぱり雪山は止めておくかー。なんてことを1ヶ月くらい考えていました。

 

いや!覚悟を決めて、始めよう!!先行投資だー。

ということで、やはりコストパフォーマンスの良い、モンベルで一式揃えることに決めました。

登山会のユニクロ(失礼!)は、他メーカーと比べるとだいぶ良心的な価格です。

 

こういうときは、店の人に最初から聞くに限る!!

登山靴売り場で声をかけてもらったスタッフに全アイテムの相談をすることにしました。

 

まずは、登山靴!

ここは、ある程度高いものを覚悟してました。靴は大事!

アルパインクルーザー3000をイメージしていましたが、足の幅が狭くて、2800に。

日本人は幅が広い人が多いらしいです。

 

f:id:a-kamata86:20161216105815p:plain

アルパインクルーザー 2800】

 

続いて、アイゼン。

アイゼンにも色々な種類があって、価格帯も様々です。

もちろん登山靴に合わせるのが、正しいです!

今回は同時購入なので、その場で合うものを紹介してもらいました。

モンベル・カジタックスの12本派セミワンタッチのタイプで決定。

 

f:id:a-kamata86:20161216113013p:plain

モンベル・カジタックス】

 

次に、ピッケル

ピッケルは、雪山で足を滑らせたり、転倒するのを防ぐのに必要です。

自然に持ったとき、くるぶしあたりが先になるのが良いとか。

とにかく言われるがままに持ってみて、コレ!というものに決めました。

 

f:id:a-kamata86:20161216115103p:plain

【グリベル モンテローザ

 

続いて、ウェア関係です。

夏は安物ウェア、かつインナーは適当なTシャツで登っていたので、今回は基本に忠実にアイテムを揃えていきます。

 

まずは、ハードシェルウェア。

雪山に行くなら、選択肢はそれほど多くない!

山岳ガイドにも使用されているという、ストリームジャケットを選択しました。

色は赤!なんとなく、遭難したときに目立ちそうなので…

f:id:a-kamata86:20161216135908p:plain

ストリームジャケット

 

パンツはアルパインパンツ。

こちらもまた、雪山で履くなら選択肢はそれほど多くありません。

f:id:a-kamata86:20161216140251p:plain

アルパインパンツ】

 

その他、フリースやアンダーウェアにジオラインの中厚手を購入しました。

ダウンジャケットは悩みましたが、休憩のときに寒くなるとせっかくの食事タイムが苦痛になる可能性があるので、念のため購入。

手袋やバラクラバなどの小物も用意して、買い物タイム終了!

 

合計でちょうど20万くらいになりました。

ここまで買ったら、嫌でも雪山に行って、減価償却しなければ!

 

ちなみに、長野県 北安曇群 小谷村にふるさと納税することで、モンベルのバウチャーを入手することが出来るので、こちらもご確認ください!

www.furusato-tax.jp

 

そんな感じで、今シーズンはガンガン雪山に登ります!!